Information

1990年代終盤から2000年代前半にかけてEMIから「ハピネス(ナビスコ・OREO ・CMソング」や「冬・メリーゴーランド」(サンクスCMソング)などをリリースしていた「Rita Rit.(リタ・リット)」の中心人物であった瀬名俊介が同グループ解散後、渡英。
2008年頃に長期潜伏していたロンドンで「ブルーマンデー症候群の人々をハッピーにするための音楽」の制作を思いつき「対ブルーマンデー症候群準備室」を創設。
当初はヒーリング系のインストゥルメンタル系の作品がメインだったが、ボーカリストのLilyが合流し、ポップグループ「ブルーマンデーFM」として正式に活動開始。
1年におよぶレコーディングの末、ブルーマンデー症候群のOLの涙と笑いの生態を、仕事(Work)と恋(Romance)というコンセプトで描いたファーストアルバム「シーズン1 月曜朝7時49分」が完成。

瀬名俊介はSENAX名義でリミックス(吉田兄弟「Storm」など)や、ゲーム音楽のプロデュース(KONAMIポップンミュージックなど)を手掛ける。